ようこのぐるぐるphoto日記

Profile

yoko&hiro

Author:yoko&hiro
ブログは移転しました。

↓    ↓    ↓
ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅
http://yokoandhiro.com/blog


広い世界で遊びたい!と
自転車で,バックパックで,遊学で,遊働で
山の上から海の中まで地球を旅し始めて13年目。
ただ今北海道に在住中。

ゴミ箱へ行くはずだった,
お菓子の空き箱等の厚紙を使って
世界の素敵なひとコマをポストカードにして
販売しています。

2002年、チベット・ラサからネパール・カトマンドゥまでラサで購入の自転車で旅して自転車好きに。
2008年10月より夫婦で
4年半の予定で自転車世界一周
の旅に出かけます。

Category
Recent Entries
Archives
Counter
Search
RSS
Recent Comments
Link

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

day1

Thu.08.05.2008
高野山



長くて充実したGWもとうとう終わり。
あまりにも色々なことがありが過ぎて、
何をどう書いたらいいんだか頭の中がごっちゃごちゃ。
一言で言えばDiscovery Japan。

世界へ旅立つ前に、日本の
美しさを再認識させてもらった有意義な日々だったな。




_IGP6422.jpg



1日目の高野山からして、もう大満足。
特に最後に訪れた奥の院は、そこに流れる空気が
あまりにも美しくて、神々しくて、呼吸するのを忘れそうになるくらい、
体中が痺れてしまいそうになるくらい、
素晴らしかった!
北海道の山とかヒマラヤとか、山の中に入ったとき、
ここには神様がいるかも、と思う場所がたまにあるんだけど、
奥の院はそこと同じ空気が流れてた。

目で、耳で、鼻の粘膜で、毛穴で、
目ではっきりと見えるような、手で持てる気がするような、
その神々しい空気を感じて、奥の院から出たら、
頭をパカっとあけて高水圧ホースで洗い流したかのように、
いや、凝り固まった脳みそをゆるゆるとマッサージしてもらったかのように、
頭がすっきりしてて、気持ちよかった。
足が疲れていたのに、奥の院から出てきたときには今にもスキップしちゃいそうなくらい
足取りが軽くなってた。

間違いなく日本の文化的観光名所の中で一番よかった所になった。
高野山は世界遺産に認定されているけど、
建物だけではなくて、この空気が世界遺産に違いないって、
そう思わずにはいられなかった。



奥の院
   この橋の向こうから写真も撮ってはいけないエリア。
理由が書かれてなくてもガラッと変わった空気に、何故写真を撮ってはならないかを知らされた気がした。
スポンサーサイト

デビュー

Wed.05.03.2008
FH040022(1)copyのコピー



今シーズンはスノボをやってみる!と宣言していたのに、
雪が良ければ「こんなにいい雪もったいないからスキーで滑りたい」とスキーにし、
雪が悪ければ「こんなにカチカチの日に転びまくったらきっとスノボが嫌いになる」とスキーにし、
要は逃げていたわたしだけど、
とうとう先週末にスノボデビュー。

3年前に初めてスキーに乗った時のことを思い出すと、
なんだか怖くなって、やっぱり今日はスキーにしちゃおうかなぁ、と思ったりもしたけど、
リフト券とスノボ一式レンタルがセットになったお得なチケットを買ったら
「もうやるしかないぞ!」という気になった。
とは言っても車にはちゃっかりスキーも乗せといて、いつでもギブアップする用意
をしてるところあたりがまだまだ弱いところなんだけど。

本当はその辺の小山で練習したいところだったのに、
いや、せめてスノボに乗るという感覚だけでも体感しておきたかったのに、
気づいたらなぜかゴンドラに乗っていて、慌てたときにはもう山頂に着いていた。

何度も転んで、体中雪まみれになったけど、
スキーと違って一本目でもなんとか滑り降りて来れることに感動!
それに友人のケイティとクレアの励ましが素晴らしかった。
ケイティはさすがアメリカ人だなぁと思ったのが、
褒める、ものすごい褒める。
褒められると木に登っちゃうたちだから、
この褒めが効いて最後までスキーの出番なくスノボで頑張れた。

スキー場ではよく親がちびっ子を教えてる場面に出くわすのだけど、
あまり褒めているのを見かけない。それどころか、こちらまでびびっちゃうくらいの
大声でどなりつけて教えている親がとっても多い。
もっと褒めてあげたらいいのになぁ。

毎本毎本上手く滑れるようになっていくのって嬉しい。
ま、そのうちスタックするんだろうけどね。
この筋肉痛が無駄にならないように
今シーズンもう何回か滑ってみよーっと。

今シーズン終わってしまったら、次雪に出会えるのはいつになるんだろう。
次に滑れるのはいつになるんだろう。

思い残すことないように思いっきり今シーズンを楽しむぞぉ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。