ようこのぐるぐるphoto日記

Profile

yoko&hiro

Author:yoko&hiro
ブログは移転しました。

↓    ↓    ↓
ようことひろの自転車ぐるぐる世界旅
http://yokoandhiro.com/blog


広い世界で遊びたい!と
自転車で,バックパックで,遊学で,遊働で
山の上から海の中まで地球を旅し始めて13年目。
ただ今北海道に在住中。

ゴミ箱へ行くはずだった,
お菓子の空き箱等の厚紙を使って
世界の素敵なひとコマをポストカードにして
販売しています。

2002年、チベット・ラサからネパール・カトマンドゥまでラサで購入の自転車で旅して自転車好きに。
2008年10月より夫婦で
4年半の予定で自転車世界一周
の旅に出かけます。

Category
Recent Entries
Archives
Counter
Search
RSS
Recent Comments
Link

スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジャー

Mon.28.04.2008
DH000032.jpg


今日から熊野古道へ行ってきます。
高野山から小辺路,中辺路を1週間かけてのんびりトレッキング。
1週間続けて歩くのは本当にひさしぶり。
北海道の自然とはまた違う、湿度の高い森を歩くのはすごく楽しみだし、
文化的にもとっても期待。

でも秘かにワクワクしてるのは、
今日関空でオーバーナイトすること。
日本の空港で寝るのは初めて。
魅力的な温泉がある旅館より、ゴージャスな設備がある5つ星ホテルより、
旅気分百倍。
安上がりな、私だなぁ。

それではいってきます!




スポンサーサイト

エゴ

Wed.19.03.2008
laguna verde



ガラパゴスを特集してる番組を見た。
めずらしい動物たち、大自然、ぜひとも自分の目で見てみたいって思うけど
、そう思うひとたちが五万といて、ぜひとも生で見たい、感じたいと思って現地に行くものだから、
今ガラパゴスは動物と人間との距離が近くなりすぎて動物がもはや野生でなくなってきてしまったり、大量の観光客が残していく莫大な量の汚物が野生動物たちの生存を脅かしている。

何もガラパゴスに限ったことではない。
今まで訪れた多くの大自然や観光地、これからぜひとも訪れてみたい世界中の”ぜひ行って見たいところ”どこもが少なからず同じような問題を抱えているはず。それを知りながらも私はそれでも自分で見てみたいと思い現地に向かうのだろう。
それはやっぱりエゴなんだろうか。

いつか山に登るのが好きだと人に話したら、山に登ることなんて自然破壊行為以外の
何ものでもないと怒られた。
確かに私が山に入ることで、どんなに気をつけていても自然破壊をしていることには変わりない。
でも山に入ることで自然のありがたさを感じ、日ごろの生活で気をつけようと思う力になる。
山にもらったパワーをどこかで恩返ししなくてはならないという気持ちになる。
もちろん、出来るだけ山を自然を傷つけないようにも気をつける。
そんな考えじゃだめなのかなぁ。

難しいな。







感謝ノキモチ

Fri.22.02.2008
親子の木



遊びつかれたのか週明けに39.5度の熱が出て、
一日中寝てる日々が続いたと思ったら
あれ、もう週末。

一日一日を大切にしなくちゃなと思うけど、疲れたときは寝るのが一番。

今週なによりも身にしみたのがひろの優しさ。
ひろの優しさには何年たってもハッとさせられます。
私たちにいつか子供ができたら優しさの遺伝子はぜひパパ似でお願いしたい。
いつも真似したいと思うんだけど、つい私欲が働いて本当の優しさにはほど遠いんだな。

いつもいつもありがとう、
そしてこれからも。





はじまり

Tue.08.01.2008
_IGP5155.jpg


久々に10日も帰省して
友達に、家族に、赤ちゃんに
こころ温められ迎えた新年。


30年という期間は、私にとっても長く充実したものだけど、
私の大切な友人たちにとっても、やはり同じだけ長く、沢山のことを
学び、考え、感じている、充実しているものなんだなと
改めて強く感じたよ。

みんなの、その一人一人違う広い世界をかいま見せてもらえるのは、
何よりの刺激で、栄養。

本当にありがとー。

沢山のエネルギーをもらって
2008年もまた力強く生きれると確信した、

そんな一年のはじまりです。

いのちの食べ方

Sun.23.12.2007
img799のコピー



友達のmixi日記で知った映画。
「いのちの食べ方」http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
Web上の予告編も衝撃的だったけど、
本編は目をそむけたくなるような、ドキュメンタリーらしい。
食べ物も、電気もガスも、水も、
お金と引き換えにあまりにも簡単に手に入ってしまうから
どんな過程で、何を犠牲にしてわたしたちの手元に来ているのかを、
考えていないし、知ろうともしていない。
生きることに必要なことが全て人任せ。


まずは帰省したときに観にいかなくっちゃ。

札幌は3月22日からシアターキノで。

NEXT PAGE »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。